NEWS & BLOG

新着情報と記事


植物と暮らしをつなぐ
「株式会社フィーカ」

2023年より、
大きく変わっていきます。

スタッフ募集のお知らせ

業務拡大につき、
一緒に盛り上げてくれる
仲間を募集いたします!


本当に美味しい焼菓子と
本当に美味しい珈琲を、
植物のある空間で楽しむ。

季節の移ろいを感じながら
「FIKA」を楽しむ暮らしを、
一緒につくりましょう。

お会いできることを
心から楽しみにしております!

【募集職種】

①    珈琲製造スタッフ(北欧の珈琲店 オーテル 焙煎所)
・内容:焙煎、接客、梱包、オンラインショップ対応、商品開発
・勤務日:週1 *曜日・時間は応相談
・勤務地:岡崎市岩津町
・条件:珈琲が大好きな方、焙煎に興味のある方、珈琲を仕事にしたい方

②    菓子製造スタッフ(北欧の焼菓子店 コンディトリ)
・内容:菓子製造、接客、梱包、オンラインショップ対応、商品開発
・勤務日:週2 *曜日・時間は応相談
・勤務地:岡崎市岩津町
・条件:焼菓子が大好きな方、菓子製造に興味のある方、焼菓子を仕事にしたい方

③    カフェスタッフ(北欧の珈琲店 オーテル)
・内容:接客、オンラインショップ対応
・勤務日:週1~2 *土日月
・勤務時間:9:30~18:30
・勤務地:岡崎市籠田町・東京都江東区
・条件:食にこだわりのある方

④    ガーデンスタッフ(奥殿陣屋 北欧風庭園)
・内容:ガーデン作業
・勤務日:週1
・勤務地:岡崎市奥殿町
・条件:植物を育てることに興味のある方、ガーデナーになりたい方


【募集の流れ】
・募集期間:1月5日(木) ~ *1次締切/1月31日(火) 
・個別連絡:随時
・面談:面談日調整 @北欧の珈琲店オーテル(愛知県岡崎市籠田町)
 *場合によってはオンラインも可
・勤務開始:2月1日(水)以降 *応相談

【申込フォーム】

㈱フィーカ|スタッフ募集エントリーフォーム

必要事項をご記入のうえ、
フォームを送信してください。

――――――――――――――




2023年1月
株式会社フィーカ


スウェーデン人のデザインの源はFIKA?

ローゼンダールガーデンのカフェ


シンプルで美味しいナッツクッキー

 ストックホルムの中心から郊外へ。ユールゴールデン島の中にあるローゼンダールガーデン(Rosendals Trädgård)を訪ねました。冬の訪問は初めて。野菜畑が広がる森の中の散歩道。夏には色使いがシンプルで美しいガーデンと温室の中の素敵なカフェで賑わう観光地ですが、冬はどんな感じなのか。静かな冬のガーデンを想像しながら近づいていくと、夏には気づかなかった円形の林や迷路など、葉っぱがない今だからこそ見える風景がそこにはありました。
 温室の中のカフェはいつにも増して賑やかです。焼菓子の種類も夏より多い?冬に休業する観光地が多い中、ほぼ1年中開いているローゼンダールガーデンは冬の人気スポットのよう。早めにテーブルについて正解。次から次へと人が増えてきます。スモーブロー(スウェーデンのオープンサンド)やパンとスープでランチ。お菓子は食べたいものをひとつずつ取って味見。焼菓子のバリエーションの方が多くて迷います。
 外は冬枯れのガーデン。みんなお茶とお菓子を楽しむためにここへ来ているのは明らかです。

シンプルで飾らず、控えめでいて主張する


カフェの中にもさりげなく植物

 スウェーデンのデザインの特徴は?と聞かれるといつも迷います。言葉で表現しにくいものばかりだから。
これといってわかりやすいデザインではなく、とてもシンプル。ちょっとしたラインの位置や幅。色のトーン。なんとなく感じる心地よさ。どれもぴったりと当てはまっていて、妥協がない。
 ローゼンダールガーデンのお菓子はそんなスウェーデンのデザインそのもの。見た目には街のコンディトリと変わらないような気がしますが、食べてみるとその違いは歴然。街のコンディトリのお菓子がおばあちゃんの手作りレシピの暖かさを感じるお菓子なら、ローゼンダールのカフェは最先端のデザインを見せる都会の真ん中のブティックのよう。味のバランスが素晴らしい!

FIKAとデザイン

 スウェーデンの人にとってFIKAは特別な時間。単なるお茶の時間ではないらしい。ONとOFFを切り替える。議論を深める。つながりを確かめる。時間に追わて自分を見失わないように、自分自身の考えやあり方を問い直すために、お茶とお菓子を利用しているのかもしれません。自分が本当に求めるものは何か。スウェーデン人の洗練されたデザインはFIKAの時間が生み出していると言っても過言ではないと思います。
 自分と向き合う時間と感性を刺激する豊かな自然に触れる空間。お茶とお菓子を楽しむ場の選び方にもスウェーデン人のこだわりが感じられます。都心からすぐそこなのに自然豊かな環境を体感できるローゼンダールガーデン。ここはまさにFIKAをするためにあるような空間です。


スモーブローやパンも種類豊富

しっとり美味しいポピーシードケーキ

みんな大好きチョコボール

リンゴンベリーのケーキ

ここにも定番ジャムクッキー

たっぷりの濃厚スープと一緒に


コンディトリは和菓子屋さん?

オーデンプランのコンディトリ


可愛い外観のコンディトリ

 スウェーデン、ストックホルムの中央駅から西へ20分ほど歩くとオーデンプラン(Odenplan)駅周辺に。有名なストックホルム市立図書館の近くです。今回の旅はコンディトリをひたすら歩いて見て回ることにしていたので図書館には行きませんでした。
 FIKAの国スウェーデンにはどの街にも必ずお菓子屋さんがあり、カフェ、パン屋さんとともにお茶を楽しむ場が充実しているなーと感じます。今回立ち寄ったオーデンプランのコンディトリはカフェは併設されてない、持ち帰りのみのお菓子屋さんスタイル。ウィンドウには様々な焼菓子と並んで冬の定番セムラが一番目立つところに飾ってあります。表の看板には可愛らしい親子のキャラクターでセムラが描かれていました。とても親しみやすい庶民派のコンディトリ。歩行器を使って歩いているお年寄りが入って行ったのに続き、中を覗いてみることに。



焼菓子は暮らしの一部


手書き看板の親子セムラ

 ガラスケースの中には焼菓子の山!クッキーがバラ売り!!
日本と湿気の量は違いますが、湿気る前にこれだけの焼菓子が誰かのお腹に入っていくのかと思うと、スウェーデン人のお菓子好きがよくわかります。パンと同じように焼菓子は日常生活に欠かせないアイテムということでしょうか。全部味見をしてみたいけど1枚ずつ買うのは気が引けたので2枚ずつ頼んでみました。さすがに一人では食べきれないのでお土産にして家族とともに味見。見た目が似ているものでもそれぞれ特徴があり個性的な焼菓子たちでした。

スウェーデンの焼菓子と日本の和菓子

 仕事の合間や家族や友人との会話のお供に甘いものをつまみながらお茶を飲む。世界共通かもしれないですが、特にスウェーデンと日本では感覚が似ているような気がします。 

バターと砂糖を練って焼いたものがクッキー。小豆を砂糖で煮詰めて皮をつけて蒸したものがまんじゅう。

どちらも身近にあるものを使ってお茶うけを作っただけなんだと思います。
スウェーデンでは冷涼な気候で育つグラスを食べて育つ牛から新鮮で栄養たっぷりのミルクが豊富に手に入るからバター文化が発展、日本では雨が多く温暖な気候で日差しをたっぷり浴びて豆類が育ちやすいからあんこ文化が発展。アイテムは違ってもお茶を楽しむ文化は同じ。
 焼菓子が並ぶ店内でお客さんとのやりとりを横で聞きながら、スウェーデンのコンディトリは日本の和菓子屋さんなんだと勝手にこじつけて納得していました。どの街にもあって、ちょっとしたお茶うけに、手土産に、気取らずに立ち寄れる和菓子屋さんのようなお店。それがコンディトリ。


一枚ずつクッキーを販売

ジャム+クッキーは定番

クッキー系のお菓子たっぷり!

Havreはオーツ。オーツクッキーかな?

店頭にはセムラ!

クッキー系の他にタルトっぽいものやパンっぽいものなど種類が豊富


コンディトリはケーキ屋さん?パン屋さん?カフェ?

スウェーデンの冬の朝


ウィンドウにはセムラ!パン屋さん?

スウェーデンの首都、ストックホルムは滞在して歩いて回るのには丁度良い広さ。スウェーデンの庭を見に何度か夏に訪れたことはありましたが今回の旅は冬。冬を知らずにスウェーデンを語ってはいけないような気がして思い切って極寒のスウェーデンへ。ところが、手持ちの服の中で最高にあったかいものを持参したのに今年の冬は暖冬で、雪も積もっていません。現地在住の人からも「冬はまだ来てない」と言われるほど、東京の冬とほとんど変わらない気温でした。それでも朝晩の冷え込みは日本と違い、凛とした冷たさです。肌に触れると身が引き締まり、もっと浴びたいと思うような気持ちの良い冷たさでした。

 気ままな一人旅。スルッセン(Slussen)のアパートメンツを拠点にまずはHorns通り(Hornsgatan)を下って海沿いの公園目指して歩くことに。都会の朝らしく、ほとんどのお店は10時以降にしか開いていない中、8時から開いているカフェを発見。早速入ってみました。地図にも載っていないこの店がコンディトリだと後で知ることに。

コンディトリでモーニング


スウェーデンでの初セムラ

 席数4つ程度の小さなカフェ。中に入ると奥のテーブルで一人のおじさんが座ってこっちを見ています。店の人かと思って近寄ると無言のまま隣の扉を指差します。しばらくして奥から店の人が出てきて、注文を聞いて出したらお客さんがいるのにまた奥へ。その間、ほとんど会話をすることなくおじさんはそこに座っています。無愛想な店の人としゃべらないお客さん。これがスウェーデンのカフェかと思いながら、スウェーデン初セムラを味わっていると、女性のお客さんがさっきのおじさんのテーブルへ。さらにまた一人同じテーブルへ。人を待っていたようです。朝のコンディトリは地元の人が集まるモーニングを楽しむ喫茶店のような雰囲気でした。

穀物たっぷりのパンとカラフルなスウィーツ

クリスマスの後、イースターまでの限定スウィーツ、セムラ。カルダモン入りのパンにアーモンドクリームと甘くない生クリームをはさんだスウェーデンの冬の風物詩。噂どおり、1月のスウェーデンはセムラ一色! パンのようなお菓子のようなセムラはパンもお菓子も焼いているコンディトリから生まれたスウィーツだということがよくわかります。パンとお菓子とコーヒー。フィーカを楽しむスウェーデンらしい文化がコンディトリの中にありました。


リナムシードやポピーシードがたっぷりのったパン

編み目が美しいパン

クリームたっぷりのセムラは日本の菓子パンのよう

ダムスーガレ(掃除機)という名のお菓子

グリーンのマジパンに包まれたプリンセストータ

様々な焼き菓子も


18色の緑づくり応援イベント
「きてみて!花とみどりのあるくらし」
の中で講演会をさせていただきます。

きてみて!花とみどりのあるくらし
9月22日(土)10:00〜16:00
〈主催〉大田区
〈問い合わせ〉NPO法人 大田・花とみどりのまちづくり
       TEL&FAX:03-3734-7932
       E-mail:npogc@yahoo.co.jp
〈会場〉大田区民ホールアプリコ
〈講演会〉10:30〜 小ホール
 「たねからの花育てが、まちを育てる」
〈ワークショップ〉12:30〜 展示室

*詳しい情報は下記まで
NPO法人 大田・花とみどりのまちづくり公式ブログ

フローラルガーデンよさみで実践し、
地域へ広がっていった、たねから育てる庭づくり。
「たね」+「まちづくり」について
未来へつながる話をしたいと思います。

近藤かおり


収穫した種


NEWS & BLOG

カテゴリーリスト

  • tel : +81 564 45 2188
  • fax : +81 564 64 0012
  • info@fikadesign.jp
  • www.fikadesign.jp

2-2-1
IWAZU-CHO
OKAZAKI-SHI
AICHI
444-2144
JAPAN