おむすび通貨のある風景

おむすび通貨のある風景

無農薬有機栽培米を栽培しているお米農家を応援し、稲作を中心に据えた持続可能な流域社会を復興するために生まれた「おむすび通貨」。お米を適正価格で買い取り、さらに地域通貨としても機能させてしまおうという、新しい発想の「通貨」です。
今年からケイズガーデンショップも契約店となりました。1むすびはおにぎり1個の価値で、単純に「円」計算される訳ではありません。契約店によってレートが決められるので使う場所によってはお得にサービスが受けられます。ケイズガーデンショップの今年のレートは「1むすび=50円」として計算。4月1日から使用できます。どこに行ったらこの通貨を手に入れられるかは物々交換局の運営するおむすび通貨のページにてチェック!
農作業や森林整備に参加したり、廃油回収に協力したり。ボランティアやサービスを通じておむすび通貨を動かし、地域の活性化に貢献しつつ、秋にはおいしいお米と交換しちゃいましょう。

おむすび通貨オフィシャルサイト
物々交換局とは?


ショップ風景

ショップ風景

15年ほど前から愛用しているスウェーデンのアウトドア用品メーカーのお店です。大高店が出来る前は名古屋駅まで通っていました。
森の国スウェーデンのメーカーだけあって、環境に負荷をかけることなく、耐久性とデザイン性にこだわった商品作りをしています。

詳しくはコチラ


グレー色の木製の外壁。窓枠にはスカンジナビアンレッド。
北欧の人達ようにシンプルに自然の恩恵を大切にしながら暮らす生活を提案している「北の住まい設計社」さんの名古屋店です。
店頭に苗を置かせてもらえていることが未だに信じられないくらい、あこがれのお店です。

詳しくはコチラ


アブラチャンの花が咲いています。

アブラチャンの花が咲いています。

メジロやヒヨドリが庭に遊びに来ています。

静かな日常を送っていることに罪悪感すら感じますが、今は日常生活を送りながら自分に出来ることをするしかありません。

常に意識は東日本に向けていたいので、震災直後からボランティアとして現地入りしている「四万十塾」の活動ブログを紹介します。

現地にボランティアには行けませんが、活動を応援することはできます。被災者の方々と一緒に生活をし、頑張ってくれているボランティアのみなさんを応援しましょう!

詳しくはコチラ


  • tel : +81 564 45 2188
  • fax : +81 564 64 0012
  • info@fikadesign.jp
  • www.fikadesign.jp

2-2-1
IWAZU-CHO
OKAZAKI-SHI
AICHI
444-2144
JAPAN