NEWS & BLOG

新着情報と記事

「国際バラとガーデニングショウ2011」の記事が5月24日朝刊中日新聞西三河版に掲載されました!カラー写真で大きく載ってます!取材当日は仕事で参加できなかったので顔写真は載ってませんが、自分の撮った写真が紹介されているのがうれしいです。
開催期間が終了して1週間。まだ余韻を楽しんでいます。
開催初日の吉谷恵子さん、神田隆さんの貴重なコメント映像をyoutubeに載せたので合わせて紹介します。
詳しくはコチラ


欧州建材さんを中心に、それぞれの得意分野を持ち寄って完成させた庭。本当にやりがいのある仕事をしたという満足感でいっぱいです。参加できたことだけでも楽しかった今回の展示が高く評価されたことはこのイベントに少なからず何か残せるものがあったと思います。
「ロンドン郊外の一般家庭をイメージ。50年前、親が造った庭に、子や孫が手を入れて大切にしてきた時間の流れを表現した。・・・中でも石積みの橋は、セメントなどの接着剤を一切使わずに組み上げた力作。・・・ほかの団体が発泡スチロールなどの小物を使用する中で重厚感がひときわ目を引いた。」新聞記事より
今回、石材屋さんが中心ということもあり、石材をふんだんに使用した贅沢な庭を作ることが出来ました。しかし、この石材はそのまま庭に使用することが出来、ほとんどの材料が再利用可能なもので造られています。このスタンスは本来の庭づくりから来ています。コンクリートで固めた庭は、造り直す時に大量の産業廃棄物が生まれます。何十年、何百年と使い続けられる材料で環境に負荷をかけない庭づくりをするのが私たちグループの目指している共通の目標です。今回、それぞれ多忙だったこともあり、一度も直接集まらず、facebookでのやりとりだけで全体のイメージを組み立てました。それが出来たのも目指しているものが同じ仲間だからこそだと思います。まだまだ反省点はありますが、素晴らしい庭づくりに参加できたこと、結果が残せたことに、欧州建材さんはじめ、一緒に製作した仲間達、協力して下さった方々に感謝したいと思います。



この庭に対する先生方のコメント映像


  • tel : +81 564 45 2188
  • fax : +81 564 64 0012
  • info@fikadesign.jp
  • www.fikadesign.jp

2-2-1
IWAZU-CHO
OKAZAKI-SHI
AICHI
444-2144
JAPAN