Fika Klubb @ K's GARDEN CAFE


Pottery 木[ki] 作品

■ Pottery 木 [ki] ギャラリー & カフェ
2月19日(月)〜3月1日(木)
10:00〜16:00

ケイズガーデンカフェオープン前イベント
◇ 陶芸家 Pottery 木[ki] ポタリー木
 毛利記代子氏による作品展示販売
◇ カフェ新作スウィーツの試食
*期間中無休
*作家在廊日
  2月23日(金)・25日(日)〜3月1日(木)

【新住所】
・・・・・・・・・・・・・・・・
ケイズガーデンカフェ
愛知県岡崎市岩津町2−2−1(岩津郵便局北交差点角)
TEL 090-3677-1128(カフェ直通)
  0564-45-2188(代)
日月曜定休
AM9:00〜PM5:00(L.O.PM4:30)
・・・・・・・・・・・・・・・・

*フローラルガーデンよさみ内でのケイズガーデンカフェは
3月4日(日)で営業終了します。


英国のハンドメイドティーポット「ベティポット」

■ プレオープン 〔焼菓子とカフェ〕
3月20日(火)〜3月31日(土)
10:00〜16:00
■ 本格オープン 〔ランチスタート〕
4月17日(火)〜 
9:00〜17:00

*定休日 : 日曜日/月曜日
*4月1日(日)〜16日(月)はオープン準備のためお休み
*第2土曜日「岡崎トレッドゴードマーケット」出店


オープンイベントチラシ


スウェーデンのコロニーガーデン


「岡崎トレッドゴードマーケット」はJR岡崎駅東に新設される公園の活用事業として2018年4月14日(土)より新しく始まるマーケットです。

「スウェーデンに学ぶ、自然と遊ぶ暮らし方」

スウェーデンの文化を紹介しながら「環境」「暮らし」「人のつながり」「豊かな時間」「植物」について感じてもらうイベントを目指します。
*トレッドゴード Trädgård = スウェーデン語で「庭」

詳しい情報は下記まで。
岡崎トレッドゴードマーケット


「フローラルガーデンの庭仕事」H29年1月19日の内容です。次回は2月16日「植物が好む環境選び」庭の環境と世界の環境。
■ フローラルガーデンの庭仕事講座/毎月第3金曜日 10:00〜11:30
イギリスのガーデン本を読み解きながら庭目線の園芸基礎知識を学ぶ勉強会。
園芸と庭づくりの基礎を学ぶとともにフローラルガーデンの植物について説明します。
〈講師〉株式会社フィーカ 近藤かおり(フローラルガーデンよさみチーフガーデナー) 
〈定員〉70名 〈参加費〉 無料
*お申込みはフローラルガーデン事務局0566-29-4330またはinfo@garden-yosami.jpまで


セアノサス マリーサイモン

「株分けとさし木」宿根草とシュラブの増やし方

How do you tell when a plant needs dividing? 〜 株分けが必要な時はどんな時? 〜
あなたが植物を増やしたいと思う時、宿根草にとっては株分けして欲しくない時かもしれません。宿根草は大株になる程花をたくさん咲かせ、ガーデンでの存在感が増します。植物が株分けしてほしいかどうかはどのように成長しているかによります。中央が枯死したり、育ちすぎて隣に迷惑かけたり、土のあるところからはみ出したり。宿根草はきっとこんな時に株分けしてほしいのです。
by Alan Titchmarsh

1、宿根草の株分け

宿根草(宿根性の多年草)を成長させる一番の方法が株分けです。多くの宿根草は2〜4年毎に株分けすることで株を健康に保ち丈夫にします。年数の経った特別な植物や貴重な植物は株分けすることで使える植物を増やすことができます。しかし、すべての宿根草が株分けに向くわけではありません。
多くの植物は秋か冬または早春の休眠期に株分けを行いますが、暑く乾きやすい真夏と凍る真冬以外は株分けすることが出来ます。初夏に株分けすると良い植物もあります。プルモナリアやアイリスは新しい根が成長する時期に行うことで株分けによる傷が早く回復しダメージを受けるのを避けられます。株分けした植物は日陰に置いて養生しましょう。どのシーズンに株分けをしたとしても葉を落とすことと湿気を保ち回復するまで守ってあげることで成功させることは可能です。株分けをするために掘り上げた時が土を再生させる良いチャンスです。新しい堆肥をすきこみ有機質を足しましょう。

◎かたまりを形成している植物の株分け
① 親株の周りに子株がついてかたまりを作る高山植物型
〈株分けのしかた〉親株の周りについた子株を優しく引き離す。細かい根がすでについている子株を分けるようにする
〈代表的な植物〉ユキノシタ、大文字草等

② 横すじ状に根がつながる宿根草型
〈株分けのしかた〉横すじ状の根を切るか引きちぎるかして分ける。それぞれの芽に細かい根が残るようにする
〈代表的な植物〉アスター、キク等

③ クラウン状に固まった根になる宿根草型
〈株分けのしかた〉固まった根元に切れ込みを入れ手で引き離すようにする。細かい根はできるだけだけ切らないように
〈代表的な植物〉ギボウシ、クリスマスローズ等


◎球根の種類と株分け
① Bulb バルブ(鱗茎)
〈特徴〉若い葉が変化したもの。下部に円形のベースプレートがある
〈株分けのしかた〉親球根の周りや茎の根元、花後、葉の付け根などに新しい球根ができるのでそれを土に埋めて育てる
〈代表的な植物〉ユリ、スイセン、チューリップ等

② Corm コウム(球茎)
〈特徴〉茎の付け根が大きくなったもの。ひとつの円形の塊の上に芽、下に根が付く
〈株分けのしかた〉親球根の周りに子球根が毎年できるのでそれをとって土に埋めて育てる
〈代表的な植物〉クロッカス、グラジオラス等

③ Tuberテューバ(塊茎)
〈特徴〉茎や根が貯蔵のために肥大したもの。芽が球根全面からものと上からのみ出るものがある
〈株分けのしかた〉休眠期に芽の出る位置が含まれるように球根を切り分ける。芽が含まれていれば根や新芽が球根から出る
〈代表的な植物〉ベゴニア、ダリア、ジャガイモ、サトイモ等

④ Rhizomesライゾム(根茎)
〈特徴〉茎が水平に肥大したもの
〈株分けのしかた〉若い芽と根が含まれているのを確認して切り分ける
〈代表的な植物〉アイリス、アスパラガス、シダ等

2、さし穂が根を出すしくみ

① 根が出る場所
成長する部分を含むさし穂は切られた細胞から新しい根を出す能力があります。植物の茎や葉、根に含まれる成長する部分は活発な分裂細胞(形成層)を持っていて、ちょうど表皮の裏あたり、茎が厚くなっている部分が新しい根が出やすい場所になります。特に節の近くや芽の成長点、根の先端などには活発な分裂細胞が多く集まっています。

② 茎と根のさし穂の違い  
茎と根は異なるタイプのさし穂として成長します。茎で作るさし穂は茎から直接根が出ているように見えますが、実は多くの場合切り口を覆ったカルスから出ています。カルスは細胞を守る塊で、傷つけられると反応し形成されます。根挿しは太い根が切られると細かい根が動き出します。根挿し部分は根と茎、両方の成長する部分が含まれていることが必要です。

③ 植物の増殖能力 
植物の細胞には成長するための重要な遺伝子が含まれていて植物はどの部分から分かれてもオリジナルのように成長します。枝は切られることで成長ホルモンが動きだし、芽や根が成長し始めます。

3、さし穂作りのポイント

さし木は植物の成長サイクルに合わせることが成功するためには重要なポイントです。健康で活力のある枝を選びましょう。根が出るかどうかはそのコンディションが大きな影響を与えます。
① 緑枝挿しsoftwood cuttings(春一番の新梢枝)
〈さし木の時期〉春から初夏。発根まで2〜3週間
〈注意点等〉発根させるには良い時期だが、乾きが早く、病気にも注意が必要
〈代表的な植物〉宿根草の多く、シソ科、アジュガ、カンパニュラ、ユーフォルビア、ペンステモン

② 半熟枝挿しsemi-ripe cuttings(硬くなり始めた新梢枝) 
〈さし木の時期〉初夏〜盛夏。発根まで半年以上
〈注意点等〉落葉樹は葉が付いている間、常緑樹は成育期に行う
〈代表的な植物〉落葉樹の多く、常緑樹の多く、半耐寒性多年草の多く、コニファー、バラ、クレマチス

③ 熟枝挿しhardwood cuttings(熟して硬くなった新梢枝)*その年に成長したもの
〈さし木の時期〉秋〜早春。発根まで半年以上
〈注意点等〉根が出るまでゆっくりだが、病気や乾く心配がない。落葉樹は葉が落ちた後、芽が動き始める早春までの枝を使用
〈代表的な植物〉落葉樹の多く、常緑樹の多く、ラベンダー、バラ、エルダー

④ 根挿しroot cuttings
〈さし木の時期〉晩秋〜早春、発根まで3〜6か月
〈注意点等〉デリケートな植物は早春に行う
〈代表的な植物〉アカンサスモリス、アンチューサ、アネモネ、エキナセア、フロックス、バーバスカム

 〈参考文献〉
The Royal Horticultural Society PROPAGATING PLANTS / Alan Toogood
SUCCESS WITH CUTTINGS / Chris & Valerie Wheeler
The Complete How to be a Gardener / Alan Titchmarsh


「フローラルガーデンの庭仕事」H29年12月15日の内容です。次回は1月19日「株分けとさし木」宿根草とシュラブの増やし方。
■ フローラルガーデンの庭仕事講座/毎月第3金曜日 10:00〜11:30
イギリスのガーデン本を読み解きながら庭目線の園芸基礎知識を学ぶ勉強会。
園芸と庭づくりの基礎を学ぶとともにフローラルガーデンの植物について説明します。
〈講師〉株式会社フィーカ 近藤かおり(フローラルガーデンよさみチーフガーデナー) 
〈定員〉70名 〈参加費〉 無料
*お申込みはフローラルガーデン事務局0566-29-4330またはinfo@garden-yosami.jpまで


黒花ジャーマンアイリスとエキウム ファスツオサム

「植物のパーツ」構造と機能

What is a plant ? 〜 植物って何? 〜
植物はあなたが考えるよりももっと私たちに似ています。もしあなたが過去に戻ることができるなら植物と私たちは共通の祖先だということを知るでしょう。驚くべきことに私たちはバナナと半分は同じ遺伝子を持ち、私たちの血液は植物の葉緑素とほとんど同じです。違いは血液には鉄の分子が入っていて、葉緑素にはマグネシウムが含まれていること。少し大げさに言いましたが、考えてみてください。
by Alan Titchmarsh

1、植物のパーツ

クリサンセマムと梨の木は違って見えます。しかし、構成しているパーツは同じです。すべて花が咲く植物は全く同じ基本的な組織と働きを持っています。根は土から水を吸い上げ、人参のような直根はデンプンとして食糧を貯めています。茎は食糧や水を運ぶパイプです。必要な場所へ必要なものを移動します。茎に生えている毛は風により水分が失われることを防ぐ役割を持っています。葉は大きなソーラーパネルです。光を利用して食糧を作ります。
① 根 (Roots)
2種類の根があります。ひとつはあなたもよく見ることができる、ポットの中や地面に生えている大きい根(branching root)です。それらは地面にしっかりと自身をつなぎ止めるために持っています。もうひとつは顕微鏡でないと見えないくらい小さな根毛(root hair)です。毛根は太い根の周りに生えていて、水と一緒に栄養分を吸い上げます。植物は栄養の固まりを直接食べることはできません。水の中に溶けた栄養を葉から水分を蒸発させるシステムによって引き上げるようにして得ています。

② 茎 (Stems)
固い茎は植物が転ばないようにしたり、葉や花、実をそれらが働くのにちょうど良い位置に留めたりします。長期間生育する植物は表皮が固く木質化します。樹木はより頑丈な骨組みで大きさや重さに強い茎を持ちます。
茎には2つの特別な細胞があります。ひとつは「木質部(xylem)」で水や栄養素を葉や茎に運びます。もうひとつは「師部(phloem)」で、デンプンなど光合成によって作り出されたものを植物体内に運びます。これらは成長に使われる他、根に運ばれ蓄えられます。

③ 葉 (Leaves)
葉は植物の発電所(powerhouse)です。葉の中の葉緑素を使って太陽光と大気中の二酸化炭素と根から吸い上げた水を化学反応(光合成)させ、デンプンなどを作り出します。デンプンは植物のパーツになったり、根などに蓄えられたりします。光合成により酸素も生み出されます。

④ 花と種 (Flowers and seeds)
花は植物を再生するための方法です。花の中の雌しべから作られる種を含む果実は次世代を生み出します。花びらは受粉のための昆虫を呼び込むサインを出しています。種は光や水、栄養素が得られるより良い条件の場所で生きるため、親から離れてひとり立ちをします。

2、花のタイプ

いくつかの花が咲く植物は昆虫により受粉されます。そのため大きく、カラフルに、香りよく、蜜たっぷりの花になります。
① デイジー型 (Daisy-like flower)
花びら1枚の小さな花が集まって中心から放射状に円形を作り、ひとつの花のようになっているもの。キク科植物など。

② スパイク型 (Spike)  *スパイク=先の尖った犬釘
まっすぐ伸びた茎に柄のない小さな花が等間隔に並び、細長い花序を作っている。ラベンダーなど。

③ レシーム型 (Raceme)  *レシーム=円すいまたは円柱形に小花が並び下から咲いていく花のこと。総状花序。
スパイク型に似ているが、特徴としてはそれぞれの花に短い柄があり、メインの茎から伸びている。バーバスカムなど。

④ パニクル型 (Panicle) *パニクル=円錐花序
レシーム型に似ているが、特徴としてはそれぞれの花の柄が枝のようになり、先端に花をつけて全体のまとまりを作っている。かすみ草など。

⑤ コリン型 (Corymb)  *コリン=散房花序
レシーム型に似ているが花の柄が長く、上部でフラットな形の花の塊になる。ノコギリソウなど。

⑥ アンベル型 (Umbel)  *アンベル=散形花序
アンベル型はたくさんの花の塊が先端に付いた花の柄に放射状につき、とても幾何学的なパターンになる。傘の先端に花がついたような形。ディルなど。

3、植物を発展させる機能

① つる性植物のつる
つる性植物の先端の茎は他の植物やフェンスをつかむのにぴったりの素敵な装置を持っています。彼らの茎はジャンプするカエルのように競争相手の頭を超えて光を独り占めします。そしてトラブルを避けて伸びる道を選ぶことができます。

② トゲ 
つるバラが持つような植物のトゲは後ろへ反り返った形をしています。長く伸びた茎は他の植物を超えて這って進み、強力な鉤爪のようなトゲによって茎を引っ張り下ろすことができなくなります。それは樹木に絡みつくのをサポートし、その場所に茎を留めておくのに役立ちます。しかし、壁のようなフラットな面には役に立ちません。

③ 巻きひげ
巻きひげはつる性植物の茎や葉が変化したものです。スイートピーやブドウはつり革につかまるようにネットやトレリスにつかまります。クレマチスは巻きひげを持っていません。しかし、葉の柄で巻きひげと同じようにつかまることができます。

④ 巻きつく茎
巻きつく茎は多くのつる性植物が利用している方法です。ハニーサックルやフジ、ツルマメなどはらせん状に茎を送って登らせます。彼らは茎を湾曲させることで、まっすぐ伸びるよりも多くの方向に向かって行くことができます。巻きつく場所や効率良く日の光が直接あたる場所を探して成長を助けます。

⑤ 粘着パッドのあるもの
粘着パッドを持ったアメリカヅタやその仲間たちは壁にくっつきます。粘着パッドは長い間しっかりとくっつくため貴重な構造物にダメージを与えることもあります。彼らはつまらないコンクリート壁のような場所や急勾配の土手、隠したい構造物などを素早く素敵なグリーンで覆ってくれます。

⑥ 気根
気根はアイビーやツルアジサイなどが何もない壁や木の幹にくっつくために使います。彼らが硬い何かに触った時、素早く短い密生した根を茎から成長させます。気根は隙間に侵入し、厚みを増してその場所へ彼らを固定します。表面が古いブロック壁の場合、ひび割れが広がることもあります。

⑦ 花と受粉
植物が成熟期になった時、彼らは花をつけます。しかしいくつかの植物は花を咲かせるまでに何年もかかることがあります。花は彼らをただ装飾しているだけではありません。それは彼らの生命活動の最後のゴールです。種を作ることは’種(しゅ)’が生き残ることを確実にすることです。

 〈参考文献〉
The Complete How to be a Gardener / Alan Titchmarsh


「フローラルガーデンの庭仕事」H29年11月17日の内容です。次回は12月15日「植物のパーツ」構造と機能。
■ フローラルガーデンの庭仕事講座/毎月第3金曜日 10:00〜11:30
イギリスのガーデン本を読み解きながら庭目線の園芸基礎知識を学ぶ勉強会。
園芸と庭づくりの基礎を学ぶとともにフローラルガーデンの植物について説明します。
〈講師〉株式会社フィーカ 近藤かおり(フローラルガーデンよさみチーフガーデナー) 
〈定員〉70名 〈参加費〉 無料
*お申込みはフローラルガーデン事務局0566-29-4330またはinfo@garden-yosami.jpまで


バーバスカム シックスティーンキャンドルズ Verbascum chaixii 'Sixteen Candles'

「景色をつくる植物達」植物の名前と分類の基本

What is a gardener’s latin ?  〜 ガーデナーのラテン語って? 〜
すべてのガーデナーはラテン語の植物名を知ることが大切です。はじめは混乱するかもしれませんが、隠されたキーワードを発見すると、名前が謎を解いてくれます。
by Richard Bird

1、植物の名前と分類

① 植物の学名と科名
スウェーデンの植物学者カール・フォン・リンネ(1707ー1778)が、花の構造から種類を区別、分類し、二名法と呼ばれる方法で表した植物のラテン語名を「学名」と言います。基本的な学名は初めに「属(グループ名)」2番目に「種(個体名)」がついています。
また、幾つかの同じ特徴を持つ属を集めて「科(ファミリー)」としてまとめられています。科名だけでもわかるとその植物のおおよその性質はわかります。
例:Helleborus orientalis ヘレボラス(クリスマスローズ)属のオリエンタリスはキンポウゲ科(Ranunculaceae)

② 植物の和名と英名
植物の名前は地方によってそれぞれ呼び名がつけられてきました。同じ植物でも俗名や方言名があり、個体を区別することが難しいこともあります。日本人が呼んでいた日本語の名前が和名、英語圏の人が呼んでいた名前が英名です。昔から栽培されてきた植物には和名がついているものが多く、近年海外から導入された植物は学名や英名をそのままカタカナにして表記しているものが多くあります。個体を特定するためにはできるだけラテン語の学名で覚えることをお勧めします。

③ 植物の分類群
植物は性質の類似性や相違性をもとにいくつか仲間に分け、階級を持った群にまとめられています。リンネの時代には種内の分類はありませんでしたが、ダーウィン以後、生物の変異性を認められるようになりました。大きいグループの順に「目」→「科」→「属」→「種(変種、品種)」

Order/目(もく)・・・語尾はすべて-ales
Family/科(か)・・・語尾はすべて-aceae
Genus/属(ぞく) ・・・人名でいう名字や会社の所属にあたる
Species/種(しゅ)・・・オリジナルに対して花色や葉色で区別する。変種(Variety)、品種(Form)に分かれる。

2、植物の性質別分類

① 一年草(Annuals)
1年間のうちに発芽、成長、開花、種の成熟、枯死のライフサイクルが完結するものを一年草といいます。 日なた好きの植物が多く、種で増やします。原産地の気候に近い場所ではこぼれ種で増えますが、種をとって保管し、適切な時期に管理しながら種まきをする方が発芽率が良くなります。庭で植栽される一年草は通常ひとつのシーズンで一生が終わりますが、季節の花壇苗のようにひとつのシーズンが終わるごとに抜き取られる一年草扱いの多年草もあります。

② 二年草(Biennials)
発芽した年、1年目は株が大きくなるだけで2年目に花をつける植物。 比較的種で増やしやすいので、耐寒性一年草のように秋に種まきをします。 大株になるので庭の中で存在感のある花になります。花が咲き種をつけると株が枯れるものがほとんどですが、数年株が残り、短命の多年草のように使うことができるものもあります。ジギタリス、バーバスカム等

③ 多年草(Perennials)
3年以上生育できる草本植物(樹木に対して草もの)のことを多年草と言います。その中でも秋に地上部が枯れ込み根だけで冬越し、春に再び成長する植物が宿根草です。また、茎が木質化しての残る丈の低い亜低木も含めて多年草と言っています。基本的に宿根草は耐寒性のあるものですが多年草は耐寒性のあるものからないものまで様々です。数年で枯れるものもあるのでさし木や種で増やすと良いでしょう。

④ 樹木(Tree・Shrub)
茎が木質化し固くなり、数十年以上成長し続ける植物。

⑤ つる植物(Climbing plants)
壁やパーゴラ、アーチなどに絡ませて景色を作ります。常緑性と落葉性があります。落葉性のものは通常冬に休眠のため葉を落としますが、夏に葉を落として休眠するものもあります。

◎植物の性質別分類表

① 一年草
【耐寒性一年草】 Hardy annuals(HA)
  特徴・・・耐寒性あり(ー10℃くらいまで)。日当たりを好む。春の花壇向き
  代表的な植物・・・アリッサム、ビオラ、アグロステンマ等
【半耐寒性一年草】 Half-hardy annuals(HHA)
  特徴・・・耐寒ー4℃以上。日当たりを好む。春または夏花壇向き
  代表的な植物・・・ヘリオフィラ、ハナビシソウ等
【非耐寒性一年草】 Tender annuals
  特徴・・・0℃以下は生育不可。夏花壇向き
  代表的な植物・・・アゲラタム、ベゴニア等
【一年草扱いの多年草】HHP treat as HHA
  特徴・・・0℃以下は生育不可。種から一年草のように育てるか、挿し木で栄養繁殖させる。夏花壇向き
  代表的な植物・・・コリウス、アンゲロニア、ハイビスカス等

② 二年草 
   Biennials  
  特徴・・・耐寒性あり。種をつけると枯死。種で増やしやすい
  代表的な植物・・・ジギタリス、アンチューサ等

③ 多年草
【落葉耐寒性多年草(宿根草)】Hardy perennials(HP)、Perennial herbaceous plants
  特徴・・・半日陰向き/夏の直射日光を避けた東向きの花壇や日陰
       日向向き/直射日光OK
  代表的な植物・・・半日陰向き/フロックス、エキナセア等
           日なた向き/宿根サルビア等
【常緑耐寒性多年草】Hardy perennials(HP)
  特徴・・・耐寒性あり(ー10℃くらいまで)日当たりを好み、乾燥に強い
  代表的な植物・・・ラベンダー、ローズマリー、タイム等
【半耐寒性多年草】Half-hardy perennial(HHP)
  特徴・・・耐寒ー4℃以上日当たりを好み、乾燥に強い
  代表的な植物・・・常緑半耐寒性多年草/ゼラニウム、ペラルゴニウム等
           落葉半耐寒性多年草/レモンバーベナ
【非耐寒性多年草】Tender perennial
  特徴・・・耐寒0℃以上(0℃以下は生育不可)日当たりを好み、乾燥に強い
  代表的な植物・・・コリウス、アンゲロニア、ハイビスカス等

④ 樹木
【落葉高木】Deciduous tree
  特徴・・・秋に葉を落として休眠し、春に芽を出して成長
  代表的な植物・・・カツラ、ジューンベリー、ヤマモミジ等
【常緑高木】Evergreen tree
  特徴・・・葉をつけたまま冬越しし、新芽と入れ替わりで葉を落とす
  代表的な植物・・・オリーブ、シマトネリコ、常緑ヤマボウシ等
【落葉低木】Deciduous shrub
  特徴・・・秋に葉を落として休眠し、春に芽を出して成長
  代表的な植物・・・コデマリ、ユキヤナギ、ウツギ等
【常緑低木】Evergreen shrub
  特徴・・・葉をつけたまま冬越しし、新芽と入れ替わりで葉を落とす
  代表的な植物・・・ツゲ、サツキ、ボックスウッド等

⑤ つる植物
 Climbing plants
  特徴・・・つる状に茎を伸ばし、他のものに巻きつきながら成長
  代表的な植物・・・クレマチス、ハニーサックル等

 〈参考文献〉
A GARDENER’S LATIN / Richard Bird
The Complete How to be a Gardener / Alan Titchmarsh
植物系等分類の基礎 / 山岸高旺 編


  • tel : +81 564 45 2188
  • fax : +81 564 64 0012
  • info@fikadesign.jp
  • www.fikadesign.jp

2-2-1
IWAZU-CHO
OKAZAKI-SHI
AICHI
444-2144
JAPAN