よさみガーデンマルシェ風景

公園管理運営デザイン

公園を生かすためにはソフト部分のデザインが必要です。
目に見えないものが場の雰囲気を作り、人を呼び寄せ、公園が生かされます。

植物とともに育む、生かされる公園

地域の人々と一緒に景観を育てながら
公園を生かす公園管理運営デザインを提案します。

興味のある方は
お問い合わせください。

・・・・・・・・・・
公園管理運営士
近藤かおり
info@fikadesign.jp
tel : 0564-45-2188
・・・・・・・・・・

「種から育てる庭づくり」が社会問題を解決する

種まきが人のつながりを作り、景観をより良くし、人の賑わいを作り出します。

生き生きと生きる植物たちが作る景観
子供連れやお年寄り、ハンディキャップを持つ人が温かい気持ちで集う公園

植物を生かした公園管理運営をしていく中で
公園を中心に街を変えていくことができると感じました。

よさみのような公園を全国に広めたいと思います。
気候風土にあったその土地でしか造ることのできない
景観を生かした公園管理運営デザインです。


よさみジャルダンクラブ活動風景

フローラルガーデンよさみの実績

○コンセプトを持った運営
2007年、市民が花と緑に親しむ公園としてオープン。
2012年より種から育てる庭づくりを導入し、専任のガーデンスタッフとボランティアさんによる苗づくりをしながら景観を作り、人の集まる公園を作り上げている。

○市民参加
・園芸ボランティア育成・・・「よさみジャルダンクラブ」として種まきからポット上げ、植栽、花壇管理を行っている。毎週1回20人以上が集まるボランティア活動として定着。作業を通じて植物の知識を得るだけでなく情報交換や人とのつながりを作る場としても評判が良く、年々参加者が増加。年間2万ポット以上の一年草を作り、園内に花壇を広げる原動力となっている。
・花植え活動・・・年2回一般参加の花植え活動「みんなでつくるフローラルガーデン」を実施。園内栽培の一年草を植栽してもらうのと同時に花苗をプレゼントし、花の成長を楽しんでもらうイベントとして開催。
・園芸教育・・・毎月1回「フローラルガーデンの庭仕事」講座を行い、イギリスの本を中心に読み解きながら庭目線の園芸基礎知識を学んでもらう機会を作っている。スタッフやボランティアさんだけでなく一般の方も参加し、毎回70名以上参加している。

○地元との連携
・街づくり・・・地元の「あいさつと花いっぱい!住みたい街づくり」に協力。種から育てる花壇づくりの栽培指導、苗管理を公園で行い、種まきから一緒に花壇づくりをしている。
・障害者施設との連携・・・公園で収穫した種を利用し、作業所にて障害を持つ入所者さんと一緒に種まきとポット上げ、植栽を行い、作業所の花壇づくりを行う。一部の苗はよさみのユニバーサル花壇にも植栽。

○賑わい創出
・月一開催マルシェ・・・「よさみガーデンマルシェ」を第1日曜日に開催。無農薬有機野菜や作家さんの作品、手作りお菓子などこだわりの商品を扱うお店が30店舗以上並ぶ。リピーターが多く、毎月新規出店申し込みがある。出店には書類選考、面談があり、厳選したお店のみが出店できる、レベルが高いマルシェとして定着している。

○公園のユニバーサル利用
・老人施設、障害者施設入所者の公園利用・・・老若男女、ハンディキャップのあるなしに関わらず利用しやすい雰囲気づくりを心がけ、カフェでの団体利用も受け入れている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


チラシ・パンフレット

シンプルで温かみを感じる質感

そのまま飾っておきたくなるデザイン

必要な情報は詰め込みながら

余計なことはしない

紙ものの存在感を大切にして

情報を伝えます


フィーカクラブ夏号


フィーカクラブ夏号の中の記事


フローラルガーデンよさみ秋のガーデンフェア2016表側


フローラルガーデンよさみ秋のガーデンフェア2016裏側

チラシ・パンフレット制作承ります。

お問い合わせは下記まで

info@fikadesign.jp
tel:0564-45-2188
近藤かおり


Fika Klubb 講師紹介

近藤かおり Kaori Kondo [オーガニックガーデン部]

1969 年 愛知県でカーネーション切花栽培農家の次女として生まれる
1985 年 フラワーデザインを学び始める
1988 年4月〜90年3月 恵泉女学園短期大学 園芸生活学科 造園専修
1992 年 (有)エクステリア風雅舎 入社 草花を使った植栽で庭づくりをするスタイルを学ぶ
1993 年 イギリスから輸入した種で独自に植物栽培を始める
1998 年 自家栽培した植物を使用し、植栽を中心とした庭づくりをする「ケイズガーデン」を設立
2009 年 種から育てる庭づくりを提案する「庭のたねプロジェクト」を始める
2010 年〜12年「国際バラとガーデニングショウ」コンテスト部門に、欧州建材チームの一員として参加。草花を中心とした植栽を担当。それぞれ奨励賞、優秀賞、大賞(国土交通大臣賞)を受賞
2012 年4月〜2018年3月 フローラルガーデンよさみのチーフガーデナーとして植物を中心とした公園管理、イベント企画、運営等の事業に携わる
2013 年 公園管理運営士資格取得
2015 年 イギリスの園芸書を読み解きながら庭目線での園芸の基礎を学び伝える「フローラルガーデンの庭仕事」講座を始める
2016 年 株式会社フィーカ設立 代表取締役となる
2018 年 中部電力関係企業配布情報チラシに「植物と庭と暮らしと」連載スタート
2018 年 プロ向けの庭仕事講座「パークガーデナー養成講座」を始める
2018 年 スウェーデンに学ぶ自然と遊ぶ暮らし方をコンセプトにした「岡崎トレッドゴードマーケット」を企画運営開始

毛利 記代子  Kiyoko Mouri [植物デッサン部・陶芸部]


pottery木[ki] 作品

1972年 東京都出身(鹿児島出生)
1997年 女子美術大学芸術学部工芸科陶芸 卒業
    麻布工芸館『卒業制作展』
1997年 陶芸教室就職(名古屋)
2011年 Pottery木[ki] (ポタリー木)活動開始
2012年 フローラルガーデンよさみ(刈谷)にて「ガーデンマルシェ」出展開始
2013年 食堂カフェTakemoku様(車道)にて展示・販売 
    フローラルガーデンよさみでの陶芸講座開始 
2014年 デザインフェスタギャラリー原宿にて『動く三人展』展示・販売 
2015年 畑カフェRainbow Art様(美浜町)へランチプレート納品 
2016年 てまめ様(神楽坂)展示販売 
2017年 デンパーク(安城)陶芸講座開始 
2018年 K’s GARDEN CAFE(岡崎) にて展示・販売、Fika Klubbデッサン部&陶芸部開始 等
 現在 名東区にて作陶と教室の日々

フィーカクラブって?

仕事の合間に楽しむお茶の時間をスウェーデン語で
‘Fikaフィーカ’といいます。

もの作りを楽しむ時間とお茶の時間。どちらも大切に
しながら、自然を身近に感じる暮らしをしたい。
そんな思いが集まってフィーカクラブが始まりました。

春夏秋冬。土や布、木、紙、グリーンを素材に
季節を感じる手仕事を楽しむクラブ活動。

2016年
幸建築設計事務所にて1年間活動。

2017年
新たにフィーカクラブの活動拠点を整備。

2018年5月
ケイズガーデンカフェにて新たなフィーカクラブの活動開始。


フィーカクラブのフリーペーパー

黙々と作業中

pottery 木 [ki]〜 ポタリー木〜さんの陶芸とクラフトで仕上げた陶雛

フィーカに欠かせない手作りおやつ

季節のテーブルコーディネートとティータイム


  • tel : +81 564 45 2188
  • fax : +81 564 64 0012
  • info@fikadesign.jp
  • www.fikadesign.jp

2-2-1
IWAZU-CHO
OKAZAKI-SHI
AICHI
444-2144
JAPAN