NEWS & BLOG

新着情報と記事

つい最近までの寒さがうそのように温かい日が続きます。みるみる大きくなってきた春の一年草のつぼみに色がつき始めました。
ケイズガーデンカフェのテラス横、フローラルガーデンよさみのイングリッシュガーデン内で宿根草の販売をしています。ガーデンの花もそろそろ目を覚まし始めています。


Helleborus Pink Frost ヘレボラス ピンクフロスト @ K's GARDEN office


Galanthus nivalis 「snowdrop」スノードロップ @ floral garden yosami

Euphorbia ユーフォルビア @ floral garden yosami


海外の庭や園芸文化に憧れ、イギリスや北欧を旅していますが、目指している庭は日本人に合う、日本の庭です。日本の庭文化を高めるために海外の良い文化を取り入れる。何百年も前の日本庭園も同じように西洋文化を取り入れ作庭していることを知り、進んでいる道は間違っていないと実感しました。近代では重森三玲などにより新しい日本庭園も生まれています。今年はもっと日本文化を知る旅をしていきたいと思います。
◎京都旅2014冬のページへ


綿雪をかぶったツバキの蕾

What is Japanese culture?
日本の文化って?

「 和風の庭 」の定義はなんでしょう?松があり 石があり苔のグリーンで覆われている庭?左の写真は 日本を代表する庭「桂離宮」。 飛び石の周りは一見苔のようですが、実は芝生。この時代の庭もすでに 西洋文化を取り入れることが 最先端のデザインでした。代表的な日本庭園ですら西洋の影響を大きく受けているのに本当の日本らしさってなんでしょう? 良いものを取り入れ、自分のものにしていく「 融合する力」が日本の文化そのものではないかと私は考えています。ただの模写ではなく、まるで前からそうだったかのように自分のものとして他を受け入れる。そうして西洋文化も馴染ませながら日本文化として再構築していく。それが日本人らしい日本文化の作り方だと思います。桂離宮に7つあるキリシタン灯籠に象徴されるように仏教もキリスト教も受け入れながらより美しいもの新しいものを生み出して行く包容力と創造力。私も今の時代に合った文化を日本人らしく創っていきたいと思います。       文/近藤かおり
【庭と暮らしvol.9より】


2014年。新たな挑戦の始まり。

WEBページが新しくなりました。
ケイズガーデンの「今」をよりわかりやすく楽しく紹介します。パソコンのみでなく、スマートフォンやタブレットにも対応した新しいWEBページです。


6月22日〜28日に英国、29日〜7月2日はスウェーデン。ヨーロッパのガーデン文化を探る旅に行ってきました。春の花が咲き誇り、夏の花が咲き始めているこの季節は花を見るには最適の季節。7月から夏休みになるヨーロッパの日常風景なども紹介します。


石積み班製作中

石積み班製作中

今年も西武ドームで行われる国際バラとガーデニングショウに参加します。
昨年欧州建材チームとして参加し、大賞を受賞した事で今年も展示をすることは決まっていましたが、場所がすごいことに。
NHKの意向により主催者展示の重要ポイント「ウェルカムガーデン」を任されることになりました!
石積みの壁とアーチの存在感を堪能できるコッツウォルズの風景+デビットオースチンのコラボ企画。向かって右側はバラの街道に続くイングリッシュローズたっぷりのバラの庭。向かって左側は欧州建材チームのテーマ「We will last forever〜永遠に続く庭〜」3部作の最終形。おばあちゃんの物語の続きのシーンを表現します。石垣の裏はコッツウォルズの丘の風景。草原にたたずむひつじもイギリスより来日。スタンバイしてます!
大賞受賞者が主催者展示を任される事は初めてで異例の大抜擢。今回の展示は今までにない責任と重圧を感じながら準備を進めています。今年は展示期間が6日間という短いスケジュールです。この期間しか見ることの出来ない幻の庭をぜひ見に来てください!!
せっかくの機会なので公園の園芸ボランティアの会「ジャルダンクラブ」のメンバーと一緒にバスツアーを組んで見に行くことにしました。早朝出発、遅い帰宅となる1日旅行。会場にはゆっくり滞在できるスケジュールです。メンバー以外の参加もOK。新幹線で行くより手間もなく安く行けます。お近くの方はぜひ一緒に西武ドームに行きましょう。この日はターシャさんの長男の奥様が来日講演予定です。
〈5月13日(月)〉参加費/16000円(入場料込み)
4:00 フローラルガーデンよさみ(刈谷市高須町)出発
10:30〜16:00 西武ドーム
22:30 フローラルガーデンよさみ 着
〈問合せ/申込み〉info@k-garden.jp、0564-45-8082/ケイズガーデン近藤まで(締切り5月5日)


NEWS & BLOG

カテゴリーリスト

  • tel : +81 564 45 2188
  • fax : +81 564 64 0012
  • info@fikadesign.jp
  • www.fikadesign.jp

2-2-1
IWAZU-CHO
OKAZAKI-SHI
AICHI
444-2144
JAPAN